サイトマップ|お問い合わせHOME
2012-2015年度

2017年度 INDEX
アーカイブ(2006-2016年度)

今年も神戸市消防団の活動が認められました

  

 平成28年3月8日に日本消防協会長から西消防団及び中央消防団に対して竿頭綬が授与されました。

 平成28年3月9日に消防庁長官から須磨消防団に対して表彰旗が授与されました。(写真=右)

 *写真を拡大する

(2016/03/24)

平成27年度 女性消防団員意見交換会を開催しました!

▲ 全体会議での意見交換

▲ グループに分かれての討議

▲ 各グループによる結果発表

▲ 参加者全員での記念撮影

 2月7日(日)中央区京町 オリエンタルホテルにおいて意見交換会を開催
消防団の広報や女性の入団促進について活発な意見交換が行われました。

 *写真集・会議録をみる

(2016/02/15)

平成28年 神戸市消防出初式 挙行!

 平成28年1月10日(日)、中央区メリケンパークにおいて、神戸市消防出初式が多くの市民、事業所の皆様方の参加により開催されました。

 出初式には、消防団から団員423名、消防団積載車19台が参加し、北消防団有野支団の小型動力ポンプ操法の披露、将来の消防士を消防団積載車に乗せた「未来っ子消防隊」の防火パレードや小型動力ポンプ23台による岸壁からの一斉放水などを市民の皆様に披露しました。

 *写真集をみる

(2016/01/24)

消防職団員駅伝大会 開催!

▲ 優勝した西消防団チーム

▲ 西消防団最終走者と共にゴールテープを切る
北井消防協会長

11月18日、小雨降りしきる中「消防職団員駅伝大会」が開催され消防団からは9チームがエントリーし、健脚を競いました。

結果は西消防団チームが見事一位に輝き、この成績は参加したすべての消防職団員の中でも最も優秀な成績を収めるという快挙でもありました。

 *写真を拡大する

(2015/11/25)

第12回神戸市消防団小型動力ポンプ操法大会 開催!

11月1日、晴れ渡る秋空のもと「第12回神戸市消防団小型動力ポンプ操法大会」が市民防災総合センターで開催されました。
各消防団から選りすぐられた精鋭チームによる熱く激しい競技が繰り広げられ、有野支団第6分団が見事に優勝の栄冠に輝きました。

各消防団の代表として出場した団員、さらにそれをサポートした団員、この大会によって培われた彼らの団結力が地域の安心安全に大きく貢献することは間違いありません。

 成績は次のとおりです。

優 勝 北消防団有野支団第6分団
準優勝 灘消防団第3分団
第3位 兵庫消防団第6分団

成績一覧(PDF)




 *写真を拡大する



(2015/11/13)

平成27年度消防団幹部教育(「分団指揮課程」)実施!

消防団の幹部として、部下の統率、並びに来る南海トラフ巨大地震等大規模災害時における指揮者としての職責を自覚するとともに、活動に必要な知識・技術を習得させ、災害防御活動における指揮能力及び地域住民に対する防災指導力を向上させる目的で、分団長及び副分団長を対象に「分団指揮課程」を実施しました。

研修内容は土砂災害基礎研修、災害事例、安全管理セミナー、無線活用訓練等が行われ改めて指揮者としての責任の重さを再認識することが出来ました。

 *写真を拡大する

(2015/11/06)

「サントリーレディースオープンゴルフ2015」から
小型動力ポンプ2台が寄贈されました。

10月23日、「サントリーレディースオープンゴルフ2015」の収益金の中から小型動力ポンプ2台が寄贈され、その受納式が神戸市役所で行われました。

これらのポンプを使用し、来年は北消防団大沢支団が兵庫県消防操法大会に、再来年には灘消防団の女性団員が全国女性消防操法大会に参加します。
消防操法訓練を通じて、消防団の結束力が高まり、同時に地域の防災力が向上することが期待できます。

 *写真を拡大する

 (2015/10/29)

平成27年度消防団幹部教育(「現場指揮課程」)実施!

消防団の幹部として、上司の補佐及び部下の統率、並びに、来る南海トラフ巨大地震に備え、震災時の活動に必要な知識・技術を習得させ、災害防御活動における指揮能力及び地域住民に対する防災指導力を向上させる目的で「現場指揮課程」が実施されました。

研修内容は無線通信要領、水防工法、小型ポンプ等の研修が行われ、特に小型ポンプ研修ではメーカー担当者により、今まで以上により高度で専門的な研修が行われました。

 *写真を拡大する

 (2015/10/07)

西消防団 更なる災害対応能力の向上を実現!

 −西消防団とトヨタ神戸自動車大学校が協定―

西消防団が大規模災害時における消防団車両の燃料確保を目的にトヨタ神戸自動車大学校(学園東町)と協定を締結しました。 この協定締結は同様の目的で今年6月に隨縁リゾート(伊川谷町前開)と交わした協定に引き続き、2事業所目となるもので非常時の消防団車両等への燃料調達が更に充実強化されました。

 *写真を拡大する

(2015/09/10)

 ▲ 左:秋山史彦総務課長兼学生寮管理課長
   中:北井道男西消防団長
   右:大塚生介学校長(平成27年9月2日)

消防団協力事業所表示制度
認定事業所への入札参加資格格付け優遇制度

 平成28・29年度神戸市工事請負競争入札参加資格の格付審査に、神戸市消防団協力事業所表示制度認定事業所が評価項目として追加されます。

認定基準及び加算点

【認定基準】
 神戸市消防団協力事業所表示制度に認定されていること

【加算点】
 等級格付を決める総合点数のうち、主観点数として10点加算

 ◎ 詳しくは行財政局財政部契約監理課 TEL.078-322-5146までお問合わせください。
 

入札参加資格格付け優遇制度
 一定の業種において神戸市工事請負競争入札に参加しようとする事業者はすべて事前に格付け審査を受け、格付け等級を確定させた上でないと入札に参加できない仕組みになっています。 その格付け等級確定の際に消防団協力事業所の認定を受けている事業者に一定の優遇措置が与えられる制度です。

⇒ 消防団協力事業所表示制度のページ

 (2015/09/07)

大規模災害時における消防団の燃料を確保

 −西消防団と隨縁(ずいえん)リゾートが協定―

 東日本大震災では、多くの緊急消防援助隊が活動するための燃料調達に苦慮しました。 近い将来発生が危惧されている「南海トラフ巨大地震」などの大規模災害などでも同様の状況が予想されます。

 そこで、西消防団が継続的かつ安定した活動を行うため、自家用の給油施設を保有する隨縁リゾート(隨縁カントリークラブ)と協定を締結し、非常時に消防団車両等への燃料調達が可能となりました。

▲ 協定書を交わす西消防団北井団長と
隨縁カントリークラブ 工藤 篤 総支配人
 

   *写真を拡大する

 (2015/06/10)

神戸まつりのパレードで入団促進

 平成27年5月17日(日)に、「神戸から ふれあう心 あふれる笑顔」をテーマに神戸まつりが開催され、今年も中央消防団の20名が「おまつりパレード」に参加し、市民に対し消防団活動のPRを行いました。

   *写真を拡大する

 (2015/06/05)

垂水北分団がスタート! ニュータウン地区の防災力向上

 垂水区の北西部は一昔前まではゴルフ場や山林でしたが、近年急速に開発が進み人口 も増えています。

 この新しい地域を担当するため垂水消防団の九つ目の分団として、垂水北分団が平成27年4月1日から新設され、4月26日に垂水消防署で結団式を行いました。 垂水消防団長から勤務指定書が交付され、消防団長の訓示の後に、分団長が決意を新たに宣誓を行いました。

 式典に引き続き可搬式動力ポンプ操法訓練で力強い放水を披露し、市民の期待に応える垂水北分団をアピールしました。

   *写真を拡大する

 (2015/06/05)

神戸市消防団充実強化検討委員会報告書の提出

 「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」の公布を受け、平成26年5月に消防団長等で構成する「消防団充実強化検討委員会」が設置されました。

 委員会は5回開催され、地域防災力の中核となる今後の消防団員の処遇、装備、教育訓練のあり方などについて慎重な審議が行われました。
この度その報告書がまとまったことから、去る平成27年2月10日、委員長である北井協会長から岡田消防局長に報告書の提出を行い、その概要説明を行いました。

   *写真を拡大する

 (2015/02/17)

平成26年度 消防団員意見交換会の開催

 毎年行われている消防団員意見交換会が、平成27年2月8日(日)神戸市中央区の神戸東急インで開催されました。当日は、3名の学生団員を含む12名の若手消防団員から、各消防団の活動事例紹介や消防団の活性化策などについて、活発な意見交換が行われました。

   *写真を拡大する

 (2015/02/17)

第25回兵庫県消防操法大会

 8月3日(日)に第25回兵庫県消防操法大会が兵庫県広域防災センターで開催され、神戸市の消防団員4,000人の代表として兵庫消防団から2チームが出場しました。

 訓練期間を通して兵庫消防署運南出張所の指導員による的確で熱心な指導とチームリーダーの叱咤激励、支援団員の献身的なバックアップにより、一致団結して訓練の成果を遺憾なく発揮することができました。

 (2014/08/11)

写真集をみる

神戸まつりのパレードで入団促進

 平成26年5月18日(日)に、「神戸から いい汗 いい夢 いい笑顔」をテーマに神戸まつりが開催され、今年も中央消防団の20名が「おまつりパレード」に参加し、市民に対し消防団活動のPRを行いました。

 (2014/05/20)

写真集をみる

消防庁長官表彰伝達式

 3月17日(月)に、市役所4号館1階の本部員会議室において消防庁長官表彰伝達式が挙行されました。

 受章された消防団員の方々

 ・表彰旗     灘 消防団

 ・功労章     水上消防団 団 長 渡邉 真二

 ・永年勤続功労章 灘 消防団 副団長 湯浅 治行
          中央消防団 副団長 平井 俊之
          北 消防団 副団長 流田 時夫
          西 消防団 副団長 小池 信男

 (2014/03/19)

平成26年 神戸市消防出初式

 平成26年1月5日(日)人員1,130人、車両46台、船舶10隻、ヘリコプター2機が中央区波止場町のメリケンパークに集結し、神戸市消防出初式が盛大に挙行されました。

 消防団員は、北消防団有馬支団の車両分列行進にはじまり、未来っ子消防隊防火パレードや兵庫消防団第4分団によるポンプ操法披露、23台の小型動力ポンプによる岸壁からの一斉放水を市民の皆様に披露しました。また、消防団を紹介する展示ブースも、多くの方にご覧になっていただきました。

 本年も消防団は、市内の災害による被害を軽減し、入団促進を積極的に進め、地域に根ざした消防団をめざします。
(2014/01/15)

写真集をみる

消防団120年・自治体消防65周年記念大会

 11月25日(月)消防団120年・自治体消防65周年記念大会が東京ドームにおいて、天皇皇后両陛下ご臨席の下、盛大に挙行されました。

 神戸市からも92名の消防団員が参加し、国民の安全確保のため、より一層強固な消防体制づくりに邁進する決意を固めました。

(2013/12/05)

写真集をみる

第11回神戸市消防団小型動力ポンプ操法大会が開催される

 9月29日(日)に市民防災総合センターにおいて、第11回神戸市消防団小型動力ポンプ操法大会が盛大に挙行されました。

 この大会は、阪神淡路大震災の教訓を踏まえ、市街地の全消防団にも小型動力ポンプが配備された平成10年度から開催(平成15年度以降から隔年開催)されており、今回で第11回目を迎えました。
なお、大会史上初めて中央消防団と兵庫消防団の女性団員が指揮者として出場しました。

 成績は次のとおりです。

優 勝 兵庫消防団第4分団
準優勝 西消防団押部谷支団第1分団
第3位 長田消防団第1分団
入 賞 北消防団有野支団第2分団
    垂水消防団名谷分団
    北消防団大沢支団第3分団
    中央消防団第3分団
    西消防団岩岡支団第6分団寺上班
    西消防団玉津支団第8分団吉田班
    西消防団平野支団第2分団

(2013/09/30)

写真集をみる

消防団員基礎教育研修

 市民防災総合センターにおいて、新しく任命された消防団員に対し、その責務を正しく認識させるとともに、来たる南海トラフ巨大地震に備え、消防業務の基礎となる規律訓練、ホース延長訓練、ポンプ取り扱い要領、水防工法等の基礎実技を習得させることを目的とした訓練を実施しました。
(2013/09/17)

写真集をみる

「神戸まつり」のパレードに参加

 平成25年5月19日(日)、「神戸から届け 勇気と希望の輪」を合言葉に開催された第43回神戸まつりのメインイベント「おまつりパレード」に25名の中央消防団員が参加し、消防団の入団促進をPRしました。
(2013/05/21)

写真集をみる

神戸常盤大学の学生5名が長田消防団に入団

 神戸市では、平成22年4月から区域内の大学等に在学している学生が入団できるよう条例改正されたことを受け、水上消防団での神戸学院大学、須磨消防団での神戸女子大学に続き、4月1日付で神戸常盤大学の学生5名が長田消防団へ入団することになりました。

 今回入団する学生は、看護学科とこども教育学科の学生で、市民への救急救命講習や、こどもへの防災教育等での活躍も期待されています。(2013/05/01)

写真集をみる

平成25年 神戸市消防出初式

 平成25年1月6日(日)人員1,230人、車両58台、ヘリコプター2機、船舶10隻が中央区波止場町のメリケンパークに集結し、神戸市消防出初式が盛大に挙行されました。

 消防団員は、北消防団有馬支団の車両分列行進にはじまり、未来っ子消防隊防火パレードや西消防団押部谷支団によるポンプ操法披露、38台の小型動力ポンプによる岸壁からの一斉放水を市民の皆様に披露しました。また、消防団を紹介する展示ブースも多くの方々にご覧になっていただきました。

 本年も消防団は、市内の災害による被害を軽減し、入団促進を積極的に進め、地域に根付いた消防団を目指します。
(2013/01/10)

写真集をみる 

消防職団員駅伝大会が開催される

 11月30日(金)北区の「しあわせの村」で消防職団員駅伝大会が開催されました。

 消防団からは、北消防団有馬支団・山田支団・八多支団、西消防団伊川谷支団・押部谷支団・
神出支団・岩岡支団、水上消防団の8チームが参加しました。(2012/12/04)

結果 優 勝  水上消防団
   準優勝  北消防団有馬支団
   第3位  北消防団山田支団

写真集をみる 

第24回兵庫県消防操法大会

 8月5日(日)に兵庫県広域防災センターにおいて、第24回兵庫県消防操法大会が開催され、神戸市の消防団員4,000名の代表として西消防団押部谷支団から2チームが出場しました。

 10カ月を超える訓練期間を通して西消防署押部谷出張所の指導員による的確で熱心な指導と、チームリーダーの叱咤激励、支援団員の献身的なバックアップにより、一致団結して訓練の成果を遺憾なく発揮することができました。(2012/08/08)
 

写真集をみる 

東海・東南海・南海地震に備える研修

 平成24年6月23日(土)に神戸市防災コミュニティセンターにおいて、東日本大震災の教訓を踏まえ、すべての消防職・団員に対し、震災時の活動に必要な知識、技能や津波のメカニズム、避難に関する知識等を習得させ、防災訓練をはじめ、地域で実施される講習会、研修会その他市民と接するあらゆる機会を通じて防災教育を実施し、地域の防災力の推進を図ることを目的とした研修会を開催しました。(2012/06/27)
 

写真集をみる 

<< 2010-2011年度

 ※このホームページの内容に関するお問い合わせは、神戸市消防協会事務局(神戸市消防局警防課消防団係)まで TEL 078-322-5748
 Copyright(C) 2006-2012 kobe-syobokyokai All Rights Reserved.