サイトマップ|お問い合わせHOME

2009年度−2

2009-12009-2200820072006


フェアに参加して頂いた『こども救急隊』、二次救急病院の看護師の皆さん、
そして、元町商店街のマスコット「もとずきんちゃん」

 9月9日は何の日かご存知でしょうか?
9と9で『救急の日』です。『救急の日』は、救急業務や救急医療に対する市民の理解を深めるとともに、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として、昭和57年(1982年)に定められました。 以来、毎年9月9日を『救急の日』に、また、この日を含む1週間を『救急医療週間』とし、今年は、9月6日から9月12日までとなっています。この期間中は、全国各地において市民救急の普及啓発に関する様々な行事が実施されています。

 中央消防団でも当該活動の一環として、中央消防団を中心に毎年、元町商店街で開催している『中央救急フェア』に参加しました。

 フェア参加者が市民の皆様や元町商店街に来てくださった皆様方に一番お伝えしたいこと! それは、『救命のリレー』です。

『救命のリレー』とは??

 (1)『早い119番通報』:落ち着いて、はっきりと119番に通報
 (2)『早い応急手当』:救急車到着前の早い心肺蘇生と早い除細動
 (3)『早い救急処置』:救急救命士が行う救命措置
 (4)『早い救命医療』:医療機関における救命医療

 傷病者の心臓や呼吸が止まってしまうような重篤な時には、この『救命のリレー』において、スムーズなバトンタッチが行われる必要があります。
『救命のリレー』の最初の走者である『早い119番通報』と『早い応急手当』の担い手は、私達消防団員も含めて、その場に居合わせた市民の方々です。傷病者の意識が無くて重篤な状態だと思ったら、すぐに救急車を呼んで、心肺蘇生法等の応急手当を始めてください。近くにAED(自動対外式除細動器)があれば使用してください。

 皆さんに知っていただきたいのは、神戸市では、市民の皆様が適切な応急手当を身につけるための講習会があること、そして、平成21年8月末現在、市内には1,095箇所(中央区内では、181箇所)のAED設置拠点が「まちかど救急ステーション」として登録されていることです。

◇応急手当を身につけるための講習会

 「普通救命講習」は市民や市内在勤者の皆様に自助・共助の力を育成していただくことを目的に開催しており、受講していただくと、「心肺蘇生法等の応急手当を適確に実施でき、AEDも扱える方」として「市民救命士」に認定登録できます。現在、「市民救命士」の方を1世帯に1人養成することを目標に取り組んでおり、平成21年8月末現在、延べ約37万人の方が受講されています。

◇AED設置拠点としての「まちかど救急ステーション」

 神戸市では、平成17年4月に「まちかど救急ステーション標章交付制度」を創設し、市民がまちなかで不慮の事故や急病により、呼吸、脈が停止する重篤な状態になった場合に、すぐ近くにある「まちかど救急ステーション」のAED(自動対外式除細動器)を使って、除細動(電気ショック)を行い、一人でも多くの命を救える体制を推進しています。
『中央救急フェア』を開催している元町商店街でも、1番街(1・2丁目)、3−6丁目までの全5ブロックにおいて、各々「まちかど救急ステーション」があります。商店街ですので、全てのお店の店頭に上の標章が貼られています。

 神戸市では、民間講習実施団体制度(FAST)を設け、一定の要件を満たした事業所等が、市民救命士講習を実施した場合に、消防職員等の立会いがなくとも、修了証を発行できるようになりました。中央消防団には救急インストラクターが30名以上おり、『中央市民救急友の会』としてFASTに登録されています。

 消防団活動はもちろんのこと、FASTの一員としても市民救命士の養成にも努めていきますので、今後ともよろしくお願い致します。


 入団間もない消防団員が、7月12日・26日及び9月6日、神戸市北区の市民防災総合センターにおいて基礎教育を行いました。

 30℃を超える気温の中、規律訓練、放水訓練や水防工法などの訓練を行いました。今後は、地域の防災リーダーとしての活躍を期待します。
 基礎教育へ参加された団員のみなさまご苦労様でした。

小型動力ポンプ取扱訓練

消防車からの放水訓練

水防訓練

 9月1日の「防災の日」に、神戸市北区有馬町(旧有馬幼稚園)において、北消防団有馬支団の女性消防団員「有湯(ゆうゆ)ファイターズ」が、有馬小学校の児童やJICAの研修生(7カ国 10名)に寸劇により救急車の呼び方や心肺蘇生法などの応急手当の普及啓発に関する防災教育を行いました。

 その後、JICAの研修生と女性団員、防災福祉コミュ二ティ会長や地域の代表者が消防団活動、防災活動の必要性や水害防止対策などについて、和やかな雰囲気で意見交換会を行いましたが、研修時間を超過するほどの熱心さでした。
 特に、研修生の一員であるメキシコの消防職員からは、「メキシコでは寸劇による消防広報は行っていません。このように子供達に楽しく理解できる寸劇は広報効果も高く、非常に参考になりました」というコメントをいただきました。

 有湯ファイターズの皆様ご苦労様でした。

消防団救援ボランティア 佐用町へ
消防局長の激励

 平成21年8月18日(火)、台風第9号の被害に伴う「消防団救援ボランティア」総勢40名が佐用町(旧上月町)力万地区において、浸水家屋からの泥のかき出しや家具の運び出しなど復旧作業の支援を行いました。

 消防団員の皆さんは、気温が30℃を超えるなか、新活動服は泥と汗まみれになりながらも、休憩時間を惜しんで、一生懸命復旧作業に取り組んでいました。


  北井副協会長から松田佐用町
   消防団長への見舞金の手渡し

 また、本業を活かして故障した自動車やクーラーを修理するなど、大活躍し、被災地の住民から感激されました。

 救援ボランティアの皆様、早朝からご苦労様でした。

 

復旧作業

 7月19日(日)神戸市中央区フラワーロード〜三宮中央通(大丸前)の間において、神戸まつりのおまつりパレードが開催されました。

 消防音楽隊中心に消防団と消防学校入校中の初任科生により、横断幕を持って、行進を行いました。
 このパレードに消防団では初めて、深井中央消防団長以下10名の団員が参加し、市民の方々に消防団の広報や住宅用火災警報器設置促進の広報を行いました。

 「地域に根付いた消防団」を目指して、消防団活動を推進していきます。

 6月21日(日)神戸市民防災総合センターにおいて、サントリーレディスオープン2009のアマプロチャリティトーナメントの収益金から寄贈していただいた、消防団が使用する積載車2台の引渡しを行いました。

 平成7年度から今年度までに、積載車74台と小型動力ポンプ38台を寄贈していただいています。
 今年度の積載車は、北消防団道場支団及び西消防団玉津支団にそれぞれ1台の計2台を配置しました。

 消防団員一同とても喜んでおられ、住民の安全を守るため有効かつ大切に使いたいと言われていました。
 ありがとうございました。

 



寄贈を受ける祢木協会長(六甲国際ゴルフ倶楽部)

 6月10日(水)神戸市北区の六甲国際ゴルフ倶楽部で開催された「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2009」初日のアマプロチャリティトーナメントの終了後、消防団が使用する積載車の寄贈式が行われました。

 この積載車は、アマプロチャリティトーナメントの収益金から寄贈していただいているもので、平成7年度から昨年度までに、積載車72台と小型動力消防ポンプ38台の寄贈を受けています。
 今年度については、積載車2台の寄贈をいただき、北及び西消防団へ配置する予定です。

寄贈いただいた積載車(上)とボランティアで活動する女性団員

2009-12009-2200820072006

2016年度 INDEX
アーカイブ(2006-2015年度)

 ※このホームページの内容に関するお問い合わせは、神戸市消防協会事務局(神戸市消防局警防課消防団係)まで TEL 078-322-5748
 Copyright(C) 2006-2010 kobe-syobokyokai All Rights Reserved.