夏期訓練ー(6)非常用物資展示

Update2018/09/18

 女性団員さんによる展示で今回は、災害時持ち出せる非常用グッズの展示をしました。


夏期訓練ー(5)火災防御・一斉放水訓練

Update2018/09/18

 淡河町公園内の倒壊施設の建物火災発生という想定で、火災拡大・周辺施設・山林への延焼危険ありとのことで出動各隊は3中隊にわかれ水利確保し消火訓練にあたりました。

 今年は例年使用していました。灌漑用ため池水利が急遽使用できなくなった。との想定の下県道端の消火栓及び農業用水利・消防タンク車より2トン水槽利用しての水利を確保し、中継放水訓練をおこないました。

 火災防御訓練後 一斉放水訓練を行いました。


夏期訓練ー(4)応急処置訓練・初期消火訓練

Update2018/09/18

 本部役員及び北消防署員の指導の下、防災福祉コミュニティの方々に三角巾を使用した応急処置訓練を行いました。

 その後、水消火器及び布バケツを使用してバケツリレーを行いました。


夏期訓練ー(3)小型動力ポンプ操法訓練

Update2018/09/18

 神戸市小型動力ポンプ操法を習得すべく、各分団・班で指揮者・1番員・2番員・3番員・吸管補助員の選手を事前選考し、各選手の役割別に訓練を行いました。


夏期訓練ー(2)規律訓練

Update2018/09/18

 訓練出動の消防団員は3中隊にわかれ北消防署員の指導の下訓練にあたりました。


夏期訓練

Update2018/09/18

 平成30年8月26日(日)淡河町公園に於いて淡河支団・防災福祉コミュニティ合同夏期訓練を行いました。

 この訓練は、消防団員が小型動力ポンプ等消防用機材の操作技術わ熟達し火災現場における消火活動が円滑に遂行出来るように練磨すると共に、訓練を通じて各分団・班相互の連携・士気高揚、及び防災福祉コミュニティとの連携による地域防御体制の万全を図り、[安全で安心して暮らせる淡河]の町づくりを推進することを目的として実施するものです。

 *参加部隊

(1)支団本部         14名
(2)分団・班         90名(15隊)
(3)防災福祉コミュニティ   60名(15地区)
(4)積載車          15台
(5)小型動力ポンプ      15台

 *訓練項目

(1)招集訓練・出動報告    ・消防団員・防災福祉コミュニティ
(2)規律訓練         ・消防団員
(3)小型動力ポンプ取扱訓練  ・消防団員
(4)応急処置訓練(三角巾取扱)・防災福祉コミュニティ
(5)デジタル簡易無線機送受信訓練 ・消防団員
(6)初期消火訓練(水消火器等)・消防団員・防災福祉コミュニティ
(7)避難誘導訓練       ・消防団員・防災福祉コミュニティ
(8)水防工法訓練       ・消防団員
(9)火災防御訓練(中継放水訓練)・消防団員・防災福祉コミュニティ
(10)一斉放水訓練      ・消防団員・防災福祉コミュニテ
(11)ちびっ子消防士体験訓練 ・小学生(児童館)

(12)非常用物資展示     ・本部席来賓横

(1)招集訓練・出動報告

 各分団・班器具庫に出動しデジタル簡易無線機を開局し訓練本部に対し開局報告を行い、訓練開始時間に器具庫サイレン吹鳴させた後、訓練現場の淡河町公園に集結しました。 訓練現場到着部隊ごとに副支団長に出動報告を行いました。


淡河町ふるさと祭り警備

Update2018/08/23

 8月19日淡河町公園にてふるさと祭りがありました。
今回は神戸市に合併60年という事で盛大な祭りになりました。

 我が、淡河支団も会場及び駐車場の警備にあたりました。
1日暑い日でしたが、何事もなく無事警備が終えることがました。
 同日、淡河支団女性団員の皆さんで防火啓発活動の為のショーもありました。
今回も、淡河支団ショーカッキー出動です。

 出動団員の皆さん1日暑い中ご苦労様でした。


7月豪雨の為警戒

Update2018/07/18

 7月5日〜7日にかけて降り続けた豪雨の為、淡河支団も詰所開設し本団・各分団・班合わせて約100数名にて警備・警戒にあたりました。

 この雨の影響で淡河町内でもかなりの箇所で被害が出ました。
河川氾濫危険箇所には土嚢積み・山際法面にはブルーシート張り等各分団・班協力しあって活動していただきました。
各分団・班の団員の皆さんご苦労様でした。


第45回きたきた祭り警備

Update2018/05/23

 5月19日(土)  鈴蘭公園にて第45回きたきた祭りが開催され今年は、山田支団・淡河支団合同で会場警備をおこないました。

 少し肌寒い1日でしたが、かなりの来場者数でしたが、無事何事もなく警備終えることができました。両支団出動団員さん、1日警備ご苦労様でした。
 同日、ステージでは、有馬支団有湯ファイターズ・淡河支団女性団員合同による寸劇が行われました。淡河支団よりショウカッキー(赤&黄)&火災警報器?も出場し活躍していました。今後も活躍期待しています。両支団女性団員さんご苦労様でした。


辞令交付式

Update2018/04/16

 4月8日(日) 平成30年度1回目の消防団分団長会議を行いました。

 会議に先立ちまして今年度より各分団、班の分団長に任命された方々に対しまして北消防団長からの辞令を交付しました。
 今年度も安心・安全の町淡河を念頭に頑張っていきましょう。


護摩法要

Update2018/04/04

 平成30年3月25日(日)無形文化財石峯寺において護摩法要が執り行われ、地区内である第2分団神影班と積載車1台、小型動力ポンプ1台、本団が警戒出動しました。


女性団員による防火広報

Update2018/04/04

 3月24日(土)女性団員による防火広報が行われ、町内を2箇所に別れ車輌2台での広報活動を展開しました。

 当地区は田畑が多く野焼きシーズンを迎える為、周囲に延焼しないようにと肉声により広報を実施しました。


林野火災想定中継、無線運用訓練

Update2018/04/04

指揮所

 平成30年3月18日(日)町内の青少年公園において林野火災想定の中継訓練を実施しました。

 訓練は下地区(7隊)と上地区(8隊)に分かれて時差出動とし、中継し放水しました。
 当日は支団本部に指揮本部、現場には現場指揮所を設置、全出動隊は消防局貸与の無線機を装備し、訓練を実施しました。 無線機運用のお陰でスムーズな訓練が出来無事終了しました。

中継送水


女性団員による防火講習会

Update2018/04/04

 3月8日(木)淡河好徳幼稚園に於いて女性団員による防火講習会を実施しました。

 「火の用心」と題して自分が火事に遭ったらどうするかということで、紙芝居を行ったり、白い布を煙に見立てて逃げる練習をしたりと様々な体験をしてもらいました。
 今回の講習会も園児たちには好評で積極的体験に参加する様子が見られ、またショーカッキーも2体登場し、すごい人気で園児たちは大喜びでした。


御弓神事警備

Update2018/03/05

 2月11日(日)淡河八幡神社に於いて800年の歴史をもつ重要無形文化財御弓神事が執り行われ、当番地区の親村の第5分団木津班及び本団が駐車場等の警備にあたり、好天に恵まれ無事終了しました。


北防災の賞表彰式

Update2018/01/29


前列右から2人目

 1月27日(土)有馬温泉古泉閣に於いて北防災の賞表彰式が執り行われ、支団より第8分団団員百濟宣昭氏が栄えある受賞に輝きました。

 この賞は永年にわたり、火災等から区民を守るために日夜をわかたず活躍され、その功績が著しい消防団員の労をねぎらうとともに、今後の平和な区民生活を願って、さらに一層の精進をお願いするため、北防火安全協会、北区連合自治協議会の2団体が、区民を代表して表彰するものです。

 おめでとうございます。今後のご活躍をお祈りします。

表彰式

支団役員と


救急講習

Update2018/01/29


AED使用胸骨圧迫

 1月24日(水)淡河福祉センターに於いて防災福祉コミュニティ主催の救急講習を実施しました。

 今回は初めての受講者も数人おられ質問も出るなど真剣に受講されていました。 


受講説明


緊急出動訓練

Update2018/01/23


集 結

 1月14日(日)淡河町公園に於いて消防団、防災福祉コミュニチィ、北消防署合同の緊急出動訓練を行いました。

  淡河町公園に於いては出動報告後シェイクアウト訓練を行い、その後阪神淡路大震災、東日本大 震災に於いて殉職された消防職団員に対し黙祷を行いました。

 黙祷後は防災福祉コミュニティ会長、支団長よりそれぞれ訓示を頂き、淡河町を安全安心のまちづくりにするよう誓い合いました。

出動報告

シェイクアウト訓練

このページの写真はクリックで拡大表示できます。

ページのトップへ ▲

神戸市北消防団淡河支団 活動報告