■がんばる 女性消防団員
 ■
神戸市消防団の概要
  (神戸市消防局サイトへ)

 

概 要

本 部:水上消防署

所在地:中央区港島3-2-2

電 話:(078)302-0119

団員数(定数):120人

分団・班数:4分団

活動報告お知らせ団紹介

このページの写真はクリックで拡大表示できます。


 

 ◆ 港島分団の紹介


*鬼軍曹、港島分団長 村上富哉より

 ポートアイランド(港島)は、30余年前に造成された人工の島で、市の中心部とはポートライナー、神戸大橋、港島トンネルで結ばれている。当時の港島は中央に住宅エリア、周辺は港湾エリアと分けられていた。
以降、大型ホテルの開業、市民病院の移転、神戸空港の開港、二期埋め立て地への企業進出、海上コンテナ基地の移転に伴う跡地への大学、高校の進出等々、目まぐるしく発展、変革をとげてきた。

 これらの現状に対応するべく、水上消防団は7年前に管轄区域の再編を行った。そして誕生したのが港島分団である。ちなみに私にとって少年時代を過ごした須磨の背後地の丘や山を削り取った土砂で造成されたここ港島の分団長を仰せつかったことは何か縁を感じる。

 我が港島分団はそのような地域構成の事情もあり、住宅部・企業部・大学部・空港部と、4部で組織された特色ある分団である。団員総数は45名、更なる特色は各住宅(高層住宅のみで一戸建ては皆無)、大学、企業にもそれぞれ自主防災組織があり、この組織の活性化を図るため指導、訓練を行うのが団の大きな使命であると考えている。

 おわりにあたり、港島分団は全団員が「地域の防災体制の強化を図り、日々の密着した活動を通して地域の防災力の向上に努める」を定めとして、日々活動に取り組んでいることを報告する。
 


*名指揮者、住宅部長 高土隆輔より

 港島分団住宅部は、ポートアイランドの住宅住民に対して防災面や救急面での支援を主目的とした活動を行っています。

 その活動内容は、各住宅団地の管理組合、自治会主催の防火、防災訓練や、救急救命訓練において、消防署員と連携した指導を行うとともに、地域のイベントにおける警戒活動として港島夏祭り、学童学生コンサート、港島の学童マラソン、神戸マラソン、港島花火大会、更に年末には住宅周辺の夜警等多岐にわたっています。
また、万一住宅において火災が発生した場合は、団員は現場に駆けつけ、初期消火活動や消防署消火隊への情報連絡、交通整理などの消火活動支援を行っています。

 ポートアイランドには、現在11の集合住宅があり、世帯数は約7,200世帯、約14,700人が居住しています。
港島分団住宅部では現在20名の団員が活動しています。
東日本大震災を教訓に、大規模災害発生時の消防団員としての心得、活動マニュアルを団員全員が熱心に討議を重ねまとめており、団員間の結束もますます固まっています。

 今後住宅部としては、各住宅管理組合、自治会の行事へ積極的に参加し、緊急時には管理組合、自治会と連携を密にした活動が共に出来るように、頼られる消防団を目指して活動していきたいと考えています。

(Update2015/08/18)

このページの写真はクリックで拡大表示できます。

HOME神戸市各消防団のページお問い合わせ

 Copyright(C) 2006-2016 kobe-syobokyokai All Rights Reserved.

 ※このホームページの内容に関するお問い合わせは、神戸市消防協会事務局(神戸市消防局警防課消防団係)まで。 TEL 078-322-5748
 ※ブラウザの種類やバージョンによって、一部表示が異なるまたは機能しない箇所があります。あらかじめご了承下さい。